増長天右手

右手
増長天の右手を作った、昨日からやっているが右手の鉾を持つ握りが難しい、鉾を通す右手に穴を作るのだが、なかなかうまくいかない。
ドリルであなを開け丸ヤスリで広げるのだが、時間がかかるのでリューターで開けた、リューターを使うとスンナリと開いた。
スポンサーサイト



邪鬼作り

邪鬼
増長天が踏んづけている邪鬼を作るにあたって、いろいろな邪鬼があるので、今回は変わった邪鬼を作った。
豚みたいな顔をしている邪鬼、何だか分からないがこんな感じ。
こkまでくるのに何回も失敗してしまった。

増長天の襟

増長顔2
襟を追加した。
後付けなので難しいがなんとか納まった、補修も行った。
今日は邪鬼を彫ったが木が逆目なのでやりにくかった、ポチポチやるしかない。

今日の天気は冬に逆戻りで寒いくらい、今晩も同じような気温なので暖かくして寝ないと。
めだかも寒くて孵るのが止まってしまった。

無題

今日は昨日ほど暑くはなく、涼しいくらいだったが日中は上着無しでも良くなった。
増長天の襟を作る所要時間2時間、まだ完璧じゃないので写真はなし。

メダカが少しづつ孵ってきた、これが何とも見ているだけで楽しい。
まだ5匹くらいだが、あしたあたりからワンサカ生まれてくると思う。
取りあえず水蓮鉢に移して大きくなったら仕分けする。

増長天顔変更

増長天顔2
増長天の横向き顔を正面にした。
チョット顔が大きくなってしまったが、少しずつ小さくする。
まだ完成ではないがこんな感じ。

今日は暑かった、真夏日になったらしい。
メダカも2匹孵った。

間もなく

メダカの目
昨日・今日と暖かいというより暑いくらいの陽気、夏日が早くもやってきた。
めだかの卵に目がハッキリと見えるようになった。
間もなく孵るだろう。
最近は卵床にゴッソリ産みつけている、沢山飼っているので孵ったら入れる容器が無い。
でも楽しみ。

キュウイの花

キュウイ
最近の暖かさから今日一気に咲いた。
キュウイの雌花。
キュウイの雄花は咲くのが遅いので、昨年咲いた雄花の花粉を冷蔵庫に保管しておいた。
早速取り出して授粉させた、これから毎日たくさん咲くので授粉作業も大変。
雌の木が3本あるので大仕事。

増長天顔

増長天顔
どうも今まで作ってきた増長天の顔の部分がえらく難しい。全体的にバランスが悪くポイにするには勿体ない。
そこで顔を別の増長天を持ってきた。
これで進める。
今日は朝から気温が上がらず変な陽気だった。

増長天(11)


屋外での写真。
写真で見ると彫刻刀の跡がハッキリ見える。
作っている途中だが上半身が厚すぎるので削り直すことを考えている。
横の写真が無いから変な形になってしまった。
時間的制限はないのでしっかり良いのを作る。

増長天(10)


チョット写真の映りが悪くて見にくい。
大分出来てきたがまだ50%程度。
足の向きを修正した、邪鬼などを作らなければならない、映りが悪いけど本当はもっと良い。
時々何でこんなことをしているのか思うときがある。
しかし、これをやっていないと暇で仕方がない。

地無し2尺1寸


毎日吹いては調律している。ル(ウの甲音のメリ)が良く出ないので苦労している。
他の音は良く出るのだが、今回は3孔を下げ2孔も下げた。
従って孔の上部の内側は埋めた。
そうしたらルが出やすくなった、地無しなので手穴以外は弄れない。

竹の下側に籐を飾り巻きした、寸胴で見栄えを良くした。

増長天(9)


補修。
削り過ぎたところと、足元・左手の刀を握るところが足りなかったので張り付けた。
ボロが見えてしまうが立体感がないと仏像らしくない。

毎日ウオーキングをするのだが、万歩計(スマートウオッチ)が途中でカウントしなくなったので1200歩くらい不足。
歩こうと思ったら急に大雨が降り出したので止めた。

産卵


最近暖かくなって来たのでメダカの産卵が活発になってきた。
産卵床に産みつけていた。
これが孵るのは200日度、20度の気温が10日続くと生まれる。
鉢の中に数日いたので1週間位で孵ると思う。

増長天(8)


裏側を彫る。
衣が邪魔なので切り落とした。
裏の写真はあるのでどうにか彫れるが真横が無いので正面とどうつなぐかが問題。

増長天(7)


平面的には彫れても側面から見たときに立体にならないといけないので、この辺がむずかしい。
横から見た写真がないので想像で彫るしかない。
いつもそうなんだが。
出来上がりを楽しみに。

台風並み

今日は朝から台風並みの風が吹きまくる。
気温はさほど低下しないが、ものすごい風。
そとで彫刻をやっていると木屑が舞い上がって凄い。
まったく、なんという風だ、夕方5時を過ぎても静かにならない。
彫刻もはかどらなかった。
kaze.jpg

桜の花もほとんど落ちてしまった。

増長天(6)


首付近から下に向かって削り始めた、木の目があるので逆方向に削ると刃が噛んでしまう。
上部の鎧を削ったがなかなか難しい。
ここにアップするとやたらと粗が目立つ。

増長天(5)


今回は腕を切り離さないで作ろうと思う。
切り離せば楽に作れるのだが。
増長天は持国天と非常に似ているので持国天を参考に作ればよい。
一日4・5時間彫っている、好きじゃなければ出来ない。あとは時間、この年なので時間は沢山余っている。

メダカの産卵

産卵1
めだかがの産卵が始まった、以前はホテイ草を買って産卵させていたが、ホテイ草には逆巻貝が付着してくる、これを流すと浄化槽に沢山巣食うのでやめた。
100円ショップで鍋のコゲ落としを買ってきてこれを細く切って卵床にした。
去年からやっているが問題ない。
産卵2
卵の産みつけた床を鑑賞できるように容器に入れた。
これを毎日ながめるのも面白い。

増長天(4)


左手を削る、平面的には何ら大したことはないが、肩の位置から腕の曲がり具合が難しい。
彫刻刀では削りにくいので、ドリルであらかじめ彫る位置を開ける。
朝からやってここまで、でも意外と早い。

形は持国天とほぼ似ているのでやりやすい。

増長天(3)


横の姿が無いので中々難しい、右腕をかたどる。
頭も部分を切り落としたが、腕と重なって切り落とすのに偉い時間がかかった。
プロフィール

kuri108

Author:kuri108
ようこそお出でくださいましてありがとうございます。

「坂東太郎の尺八のホームページ」を26年間公開していましたが、令和4年10月末で閉店しました。
尺八人口が減ったせいか、またHPの新鮮味が薄れたせいか尺八の注文が激減し、アクセスも一桁になってしまいました。
ホームページ設置料ばかり取られてただ損するだけなので辞めた次第です。

まだ心残りがあるので、ブログで発表しようと始めました。
仏像彫刻は2021年から始めひと月1体のペースで製作。
材木はネットで買い求めています。

尺八の方は古くもう苔が生えるくらいの経歴ですが。
いろいろ書きますのでどうぞよろしくお願いいたします。

メダカの飼育は古いのですが、昨年ゴッソリ動物(アライグマか)に食べられて
しまいました。
大して高価ではないけどガックリしました。侵入すると点灯するライトを点けてからは来なくなりましたが、安心はできません。
メダカの飼育も掲載します。

その他、思いついたことなども載せます、ご覧ください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセス
カレンダー
03 | 2023/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR